手作り家具の強度について

□「壊れにくい家具」から「壊しにくい家具」へ

お子様のご使用には想定外の力が加わるもの・・・上に乗ったりぶら下がったり・・・。
もちろんこんなご使用方法をお勧めするわけではございませんが、万が一の時にも壊れにくい、壊れても怪我をしにくい強度と構造を心がけております。

棚板は強度が必要ですので、溝ホゾ組みを用いております(追い入れ加工)。
安価な製品に多い「側板からのビス・ボルト止めのみ」の仕様では、荷重に対しては金具のみが負荷を受けることになりますが、ビス等はこの力に対しては釘よりも弱く、力の方向・伝わり方次第では簡単に折れてしまいます。ボルト止めになると荷重への強度はビスよりも増しますが、家具の板厚ではボルトの頭が見えてしまいますし、金具が丈夫な分材料の金具取り付け部への負担が大きくなってしまい、ボルト部分から棚板が割れてしまった・・・といったこともご経験があるのではないでしょうか?

D-Wood!標準の溝ホゾ組みの棚板や木枠組みでは、引き抜きや荷重に対する強度がこれらの仕様よりも格段に強くなります。
もちろん、もっと手の込んだ組み手で強度を上げることも可能ですが、コスト面やパイン材との相性からから「やりすぎ」の感が否めず、標準仕様とはしておりません。

特にお子様用家具の強度には気を遣っております。
既製品の椅子や机は投げたり・落としたり・・・色んな方法で壊そう(?)と試みます。
「これは壊しにくいor直に危険な状態にならない・・・といった判定を勝ち取ったものが既製品(標準品・ベース商品)として紹介をさせて頂いている商品です。
もちろんオーダー品でも既製品での検証や過去の経験を基に、同等~それ以上の強度や耐久性を心がけた制作を行っております。

可動棚も木製ダボや金属ピンを穴に挿して・・・といった簡易な仕様では十分な強度が長続きいたしません(使用樹種にもよりますが)。
そこで、オス(可動棚側)メス(側板側)のどちらも金属製の金具を用いる重量物用の仕様を標準としております。

※オスの金具はメスの金具へのねじ込み式になっております(オスのみ取り外し可能)
※高さ調整用に位置を変えるオス金具は、お子様でも扱いやすい「すべり止め加工付き」です

とはいえ、無意味に全てを「ホゾ組み」とするなど、作り手の自己満足のために作成しているわけではございません。
強度的に必要な箇所や意匠的に求められる箇所には「ホゾ組み」を行いますが、必要のない部分は「木ダボ・隠しビス」などを併用して、強度を確保しながらもリーズナブルな価格設定を心がけております。
「おさいふにもやさしく・・・」も重要なポイントだと考えております。 

単なるネジ・ボルト締めよりも強度の高い組手を採用しています

ネジ止めよりも高強度な「あられ組み」仕様

 

追い入れ加工でボルト止めでは実現できない耐荷重強度を確保しています

荷重を受ける棚板では溝ほぞと隠しビスを併用した「追い入れ加工」

 

D-Wood!サイト内検索

絵本棚 ホワイト(色)や600(横幅)などご希望のワードを入力して右側の■を押して下さい
D-Wood!のサイト内から該当するページを抽出します

おすすめ商品

  1. ランドセルラック13 スリムなランドセルラック
  2. パインオープンラック4
  3. 絵本立て1100(ディスプレイスタンド付き絵本棚1100mm幅)
  4. プレイテーブルduo
  5. 絵本棚900(升目の配置がユニークな木製書棚900mm幅)
  6. フリースタイル絵本棚(傾斜収納・ブックエンド付き)
  7. 木製身長計
  8. ランドセルラック10
  9. ドールハウス型絵本棚
  10. プレイテーブルduo/カスタムカラー1
  11. 大型のディスプレイ絵本棚(卒園記念品)
  12. 木製プレイテーブル(子供用プレイテーブル)

定休日のお知らせ

  ※定休日にはお電話やFAXへの迅速な対応が
   出来ません。
   お急ぎの案件では09032670190(工房主直通)
   へご連絡下さい。
   カートやお問い合わせフォームからのご注文や
   お問い合わせ、メールでのお問い合わせには
   年中無休で受付させて頂いております
   (返信は翌営業日になる場合がございます)。

ページ上部へ戻る