手作り家具における無垢材と集成材の違いについて

無垢材はその名の示す通り、原木を引き割った木材です。「反り・割れ・湿度による収縮」などが顕著に起こりやすく、乾燥管理・施工に手間がかかるために家具の商品価格が高くなりがちです(材料価格自体は集成材よりも安価な場合もございますが、製品にする手間がかかりますので、結果として商品価格が高くなります)。

集成材は木材の製材過程で発生する木片や小木を圧着して作成されたり、原木の悪い部分や弱い部分を取り除いた上で良い部分のみを用いて作成された材木で、エコロジーな材料です。
無垢材と比べますと「反り・割れ・湿度による収縮」が起こりにくく、幅広材を用いる商品におきましては、商品価格を下げることが可能です。

現在の集成材は強度も高く、当工房で使用している材料は安全性にも留意された木材となっておりますので、安心して作品をご使用になることができます。
強度的にもフシや木目に沿って割れの生じやすい無垢材よりも強く、全体的に安定した強度を確保することが可能です(降雨・水没などを苦手と致しますが、屋内家具用材としては問題はございません)。

無垢材で幅広材が必要な場合には、何枚かの細い材料を接着剤で張り合わせる「お手製の集成材」を作成して使用すること(=はぎ合わせ)が一般的な方法ですが、この場合も手間費が増大するために既存の集成材商品よりも高コストになります。
1枚板の幅広材では材料自体が非常に高価で、1枚の材料だけで当工房の標準的な商品価格を軽く越えてしまったりもします。

当工房で使用している集成材及び無垢材はどちらも天然木であり、MDFなどの粉を接着剤でこね合わせた圧縮材やベニヤ板に化粧板を貼り付けた化粧合板とは異なり、天然木の特性(調湿作用など)や強度を兼ね備えております。

また、どこを切っても削っても断面が天然木となりますので、角を丸く削ったり、飾り切りを施したりすることも可能です(合板やMDFでは表面のみが天然木シートであったり、そもそも木でなかったりです)。
このため、形状だけでなく切り口の断面までも丸く仕上げることが可能で、特にお子様用の家具では「高い安全性と優しさ」に高いご評価を頂いております。

ページ上部へ戻る